部屋

寒暖の差が多い地域での注文住宅なら地域に特化した業者に依頼しよう

新築住宅の違いと選び方

室内

新築の違い

兵庫県川西市は大阪府との県境に位置しており大阪と神戸のベッドタウンとして宅地開発が進められています。川西の新築一戸建ては阪急宝塚線や能勢電鉄などの各路線駅から徒歩10分程度の距離にある物件が多くあります。川西の新築一戸建て平均価格は2000万円台からとなっており購入しやすい価格帯となっています。これは土地と建物セット価格として販売されている分譲一戸建ての価格で、注文住宅になると価格は上昇します。川西で販売されている一戸建ての多くは分譲住宅です。分譲は宅地造成開発をした広い土地を分割して家を建て販売しているものです。家がすでに完成している場合は内覧することができ、未完成の場合は現地でモデルハウスを見学して建物の構造や設備などを確認することができます。分譲よりも規模が小さいときは建売一戸建てとして販売されており分譲と基本的には同じで内覧で建物を確認することができます。頭金0円で販売されている分譲一戸建てもあり家具家電を買うために現金をとっておきたいという方に向いています。分譲のほかに多いのが建築条件付きの土地で1000万円台から販売されています。この土地を購入するときは指定の建築会社で家を建てるという条件がついており、建築会社と打ち合わせしながら間取りなどを決めていくことができます。こだわりが多くなると建築費用が高くなってしまうので、予算をオーバーしないように調整しながら建てることができます。建築条件付きは分譲一戸建てより自由度が高いと言えます。