部屋

寒暖の差が多い地域での注文住宅なら地域に特化した業者に依頼しよう

社寺建築のプロ集団

建設現場

最高の技術を駆使します

宮大工とは神社仏閣や宮殿の建築や補修を行う大工のことです。国宝や重要文化財の建築物などの修復にも関わり、大工の中では最高の技術を持った集団です。伝統的な木造建築物の技術を持っており、全国各地で非常に重宝されています。宮大工になるために特別な資格は必要ありませんが、長い修業を重ねたうえで一人前として認められます。宮大工といえば神社やお寺のイメージが強く、一般の住宅建築には関わらないと考えている人が多いです。しかし宮大工でもその技術を生かして、住宅づくりを行っている人達もいます。宮大工を抱える工務店の中には、総売り上げの約3〜4割が住宅建築で占めるという会社があります。ただし宮大工を抱える工務店自体が少ないため、対応エリアなどを調べてから住宅建築を依頼する必要があります。宮大工が手掛ける住宅は、主に和風の木造住宅となります。木造住宅の技術は昔から日本で受け継がれており、木が持つ美しさやぬくもりを感じることができます。また湿気の調節作用や、クリーンな空気を届けることができます。また宮大工達は、素材にもこだわりを持っています。国産の檜や杉など自然素材にこだわり、化学製品で作られた素材を使わないようにしています。もちろん断熱材や壁の素材もしっかり厳選し、体に優しくて長持ちする住宅を作り上げます。最高の技術を駆使しているので、大きなメンテナンスを行わなくても数十年以上もつ住宅づくりが可能です。住む家族にもよって最適な住宅は異なりますが、日本の伝統的な技術を駆使した宮大工が作る住宅も魅力的です。