住宅

寒暖の差が多い地域での注文住宅なら地域に特化した業者に依頼しよう

社寺建築のプロ集団

建設現場

安心して生活ができる住宅を建築したい場合は宮大工を選ぶようにしましょう。神社やお寺などの建築の実績も豊富でありながら、一般の住宅建築にも多くの信頼が集まっています。高い建築技術を持つ宮大工に一度相談してみましょう。

通勤に便利な市域

つみき

神奈川県藤沢市は、中古一戸建て物件探しにおいて、人気が高いエリアです。その最も大きな理由は通勤に便利な市域である事で、この他にも暮らしやすい環境が整っている事が挙げられます。海に面している事も魅力の一つで、海近くのライフスタイルを求めて、同市内の物件を探す人も少なくありません。

内陸における住宅

積み木

気温差が大きく日照が長い

日本のほぼ中心部にある群馬県は県の南部と北部で気候が異なります。特に冬場は南部は乾燥した晴天が続くのに対して、北部は降雪の多い土地柄になっています。群馬県の人口は80%以上が南部に集中しているため、ここでは群馬県南部における注文住宅の特徴について説明します。群馬県南部は冬場は乾燥した晴天が続き、最低気温は氷点下5度を下回ることはほぼありませんが、北西季節風が強く砂埃が多くたちます。一方、夏場は日中は35度以上の猛暑日になることが珍しくなく、夕方には頻繁に夕立があります。一年を通すと内陸性気候ならではの気温差が大きく、日照時間が長いことも特徴としてあげられます。このような群馬県の気候特徴から注文住宅を建てるときには、気密性と防音性が重要になります。特に冬の北風による砂埃の流入を防ぐことと風切り音を防ぐために高い気密性とともに東西の窓は南向きに開けるようにします。一年の気温差が大きいことから断熱性が高い注文住宅も重要です。また群馬の注文住宅は長い日照時間と広い敷地を活かして、屋根にソーラーパネルを取り付ける割合が多くなっています。ソーラーパネルを取り付ける関係で、大容量のパネルを取り付けることができない寄棟屋根ではなく、片流れ屋根の住宅も多く見受けられます。狭い土地では必ずしも屋根を南に向けることができないことがありますが、広い敷地のある群馬県では敷地内で自由に住宅の方向を決めることができます。

新築住宅の違いと選び方

室内

兵庫県川西市は大阪の県境に位置しており大阪と神戸のベッドタウンとして宅地開発が進んでいます。川西の分譲一戸建ては土地と建物セットで2000万円台から購入することができお手頃です。建築条件付きは間取りなどを自由に決めることができるので自分の要望に近い一戸建てを建てることができます。